妊娠したくない女性のためのナビゲーション > 避妊薬の更年期への効果と胃潰瘍の薬との併用

避妊薬の更年期への効果と胃潰瘍の薬との併用

コンドームの使用よりも確実に避妊効果のある経口避妊薬をピルといいます。
ピルはさまざまな種類がありますが、主に卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって合成されており、排卵を抑制して子宮頸管の粘膜を変化させて精子を子宮に入り難いようにし、子宮内膜を変化させることで受精卵の着床をし難くします。
子宮の環境を変えることによって高い避妊率を得ることができ、月経困難症の軽減や子宮がんのリスクの低下などを期待することができます。
ピルは女性ホルモンで合成されていますが、更年期障害へ使われることはないとされています。
更年期障害に対しては天然に近いホルモンを使用するのに対して、ピルは人工的に合成されているホルモンを利用しており、使用者の目的が違うため更年期障害に避妊を目的としたピルを使うことは危険だとされています。
また、一般的な病気になったときにはピルを使用していることを医師に伝える必要があります。
風邪薬などは一緒に飲んでも問題なく効果を発揮しますが、時には併用してはいけない薬もあります。
ほかのホルモン剤や抗生物質などは伝える必要があるとされています。
胃潰瘍のときには低用量ピルを服用することは可能だとされています。
しかし、医師と相談することが大切で、重度の胃潰瘍である場合にはピルの服用を中止することが求められます。
ピルを飲むことを止めて胃潰瘍の治療に専念することが重要となります。
一度ピルの服用を止めた場合には、また月経が始まった時から飲み始めるか、月経が始まった最初の日曜日に飲み始めるなどの服用を行ないます。
飲み始める前はコンドームなどで避妊していく必要があります。
さまざまな効果のある経口避妊薬ですが、病気になった場合はきちんと医師に飲んでいることを伝え、症状に合った飲み方をしていくことが大切です。